【Q&A Vol122】退去時の原状回復トラブルを事前に防ぐ方法はある!? | 不動産投資家コミュニティ&スクール「これから大家の会」

不動産投資のオンラインスクール これから大家の会
0120-663-676

 電話受付時間:10:00~18:00(平日のみ)

無料メール相談! 24時間受付中
オンライン不動産投資の相談フォーム

【Q&A Vol122】退去時の原状回復トラブルを事前に防ぐ方法はある!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

※動画を購入するには会員登録後、ログインいただく必要があります

新規登録ログイン

みなさんこんにちは。


岡田のぶゆきです。


大道みゆきです。


 


それでは質問に移ります。


 


Q.所有している物件で初めての退去があります。
入居者が退去する場合の原状回復をめぐりどのようなトラブルが考えられるでしょうか。
またそのトラブルを未然に防ぐ方法はあるのでしょうか。


 


一般的に通常消耗については貸主、故意過失による汚損破損は借主の負担となっていますが、
その判断でトラブルになるケースがあります。
最初から汚れた状態、設備が壊れた状態で引渡しを受けたと理不尽な主張をする方もいます。
そこで、入居時にどのような状態で引き渡したかを明らかにする為に入居時室内設備チェックシートを記入してもらったり、
リフォーム後の室内と設備を写真で残しておくなどしておくと後々トラブルになりにくいのでそれらをおすすめします。


 


(岡田)けっこうもめたりしますか?


 


(大道)人にもよりますが、金額が大きくなってくるとサインしたくないといった人も過去にいました。


 


(岡田)入居者の属性というか、クレームを言ってきやすい人の特徴はありますか?


 


(大道)話した感じが適当だったりとか、言葉使いが乱暴な人はけっこう滞納しがちだったりとか、


トラブルがある方だなと思う事はあります。


 


(岡田)ファミリータイプとかワンルームタイプとかは関係ない?


 


(大道)人によるかなと思います。


 


(岡田)入居期間も関係ない?


 


(大道)そうですね。言う人は言います。


言わない人は金額が高くても納得して払ってくれます。


 


(岡田)やはり出る時にトラブルになる可能性が高い人は入居中の所から色々あるという感じですね。


そういう人が入居中の時には退去時もより気を付けて対応した方がいいという感じですね。


 


参考にしてみて下さい。


 


 

不動産投資についてのご相談はお気軽にどうぞ

0120-663-676

 電話受付時間:10:00~18:00(平日のみ)

無料メール相談! 24時間受付中
オンライン不動産投資の相談フォーム

人気動画

新着動画